足底筋膜炎 No.2

以前に、ご主人が 足底筋膜炎で、歩行が困難というお客様がおられました。

 

初めて耳にする 病名だったので、調べてみました。

 

すると、一概に言えませんが、現代病の一つということがわかりました。

以前から、外反母趾、偏平足、巻き爪… 等が代表的な疾病という認識はありましたが…

昔より、裸足が減り、草履から靴、徒歩ではなく車等の乗り物、運動不足が増え、足の指や、足の裏の筋肉を使わなくなって、退化し、衰えが原因で、外反母趾、偏平足、巻き爪、その中の一つで、足底筋膜炎がある!

私は、外反母趾 予備軍としては、タオルギャザーや、足指ジャンケン等を出来るだけ 意識して

職場でもPCを打ちながら、足の指をひらげたり、なるべく、靴を脱いで、指をひらげたりしてはいます。

おかげで、気にもしていなかった数か月前よりは、明らかに、足の指が器用に動くようになったと自負しております。

この度も、足底筋膜炎について、調べていると、トラブルの原因は、その場しのぎの治療をしていても、

セルフケアの方が重要なんだと… 歩かなければ、使わなければ、はかなえれば、症状は緩和します。

ですが、また、動いたら 再発… では、意味がありません。

痛みや、トラブルの原因を根本的に見直さないと、再発するし、悪化する。

歩き癖であったり、筋肉の使い方 等を変えないと、自然治癒はしない。

逆に、加齢とともに、身体のあちらこちらが、硬くなり、悪化や、重度化し、歩行困難という結果になるようです。

意識して、なるべく、柔軟に、身体を動かすようにしておくことが、一番の予防なんだと言うことがどのサイトからも

うかがえました。年々、社会現象として運動不足が進んでいます。

これらの症状は、お年寄りの問題ではなくなってきています。

実際に、外反母趾が中学生や高校生に増えてきています。

また、女性に多かったのが、男性にも増えてきています。

などなど、根本的な原因を考えて、見直さないと 足のトラブルは減らないと思います。

足だけではなく、世の中、便利がゆえに支障をきたしている事も沢山あると思います。

医学が進歩しても、病気や不自由になるのは防ぎたいものです。

一日も長く、自分の足であちらこちらへ行きたいものです。

 

素人が簡単に、足底筋膜炎の予防などは、語れません。

お勧め等も出来ません。

ですが、私は、足の裏の筋肉が衰えて、昔より、はるかに足が平になりつつあるのが、目に見えてわかります。

偏平足傾向にあり、病院の先生にも、外反母趾予備軍、と言われて、

足の裏を鍛えるよう、5本指靴下や、5本指靴をはいて、仕事をしています。

ちなみに、5本指靴なんですが、外で履くには、若干靴底が薄いように思います。

指を広げて、大地を掴むという意味ではかなり優れていると思いますが、アスファルトを歩くと、踵~膝にきそうなので、

ひとまず、中履きとしています。

ですが、かなり、足の指の可動域は広がりました。

お風呂で、足指マッサージをし出した数か月前は、痛かったのですが、今はとても、気持ちのよいマッサージです。

足の指を触っていると、手も、足もほかほかしてきます。

 

5本指 靴/靴下

 

そろそろ、母の日ですが、今年は、母に足指マッサージでもしてあげよう!!

小学生の時は、手作りの肩もみ券を作った あの頃がなつかしいです。

これだけ、物があふれた世の中だと余計に、あの頃みたいな、肩もみ券の方がうれしいかも!?

頑張って、揉まなくても、背中を、足を、“いつも、ありがとう” の気持ちを込めて、

さすってあげる… そんな、母の日で、良いのでは…!? ないでしょうか?

 

私も娘に、足をさすってもらって、居眠りをするのが、至福のひと時です…

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です